注染手ぬぐい「一番鶏」小倉染色図案工房
588ecd6000d331e28f000d36 588ecd6000d331e28f000d36 588ecd6000d331e28f000d36 588ecd6000d331e28f000d36 588ecd6000d331e28f000d36 588ecd6000d331e28f000d36 588ecd6000d331e28f000d36

注染手ぬぐい「一番鶏」小倉染色図案工房

¥1,728 税込

送料についてはこちら

  • 残り3点

  • 残り2点

江戸天下祭り、神田祭と山王祭の山車巡行は、どちらも一番が大伝馬町の諫鼓鶏(かんこどり)でした。 諫鼓(かんこ)とは、中国の聖天子、堯、舜、禹が、その施政について諌言しようとする人民に打ち鳴らさせるために設けた太鼓。しかし、三人は善政を行ったので、太鼓は鳴ることなく永年の間に苔むし、鶏がその上で啼いていたといいます。 つまり諌鼓に鶏が止まっているのは「天下泰平」の象徴。 「やあやあ、 もうみこしがそこまできたようだ、 こいつぁこうしちゃいられねえ」。 ▼ 仕様など 素材:綿100% サイズ:およそ36cm×96cm 染め:注染(ちゅうせん) 送料手数料: 購入金額の合計が 5,000円未満 200円 5,000円以上 送料無料 ▼ 作家情報 小倉染色図案工房 小倉充子 OGURA Mitsuko http://www.ogurasensyokuzuankobo.jp/ ※モニターでご覧になっている色は100%再現されません。ご了承ください。 ※さし色の色や位置はものによって若干変わる場合がございます。 ※洗い始めの数回は色が出ますのでご注意ください。注染の特徴で品質に問題はありません。